イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 聖マリアンナ医科大学 大学院 医学研究科 遺伝子多型・機能解析学
医療

聖マリアンナ医科大学 大学院 医学研究科 遺伝子多型・機能解析学

熊井 俊夫 大学院教授

小間W-20

メタボリックシンドロームモデルラットによる薬効評価法

St. Marianna University School of Medicine

Professor Toshio Kumai

Sucrose-treated Spontaneously Hypertensive Hyperlipidemic Rats [SHHR] for evaluation of compounds and drug screening.

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-20

展示概要

技術概要
メタボリックシンドローム(代謝症候群)は複合型リスク症候群である。病気の診断は内臓脂肪型肥満に加え、「高血糖」「脂質異常」「高血圧」の3つの項目のうち2つ以上を合併した状態をいう。本技術では、従来のSHRラットやSHRSPラットに代表される、本疾患3項目のうち1~2項目を発症するモデル動物に変わり、診断3項目の合併症として高血圧高脂血症を自然発症する動物モデルを提供する。さらに本モデルは高脂肪食、庶糖負荷により動脈への脂質沈着、重度の脂肪肝を呈することから当該モデル動物を用いた薬効評価において、本疾患に対する十分な知見を得ることを可能とし、医薬品開発の発展に大きく貢献する。

想定される活用例
当該モデル動物を用いた薬効評価を受託サービスとする事業化が可能である。それにより、現在治療薬のないメタボリックシンドロームに有効な医薬品開発の産業形成が期待される。

 

展示のみどころ
当該モデル動物が、メタボリックシンドロームの薬効評価に十分有用であることを示す結果をパネルにて展示する。また、本技術については、ライフサイエンスに特化した技術移転機関であるMPO株式会社が窓口となっている点で、事業に関する相談も受けられるような体制を整えている。

 

メタボリックシンドロームモデルラットの確立

メタボリックシンドロームモデルラットの確立

動脈硬化モデル

動脈硬化モデル

お問い合わせ先

MPO株式会社

電話:044-979-1631   FAX:044-979-1632  

URL:http://www.mpoinc.co.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop