イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪工業大学 工学部 生命工学科
防災

大阪工業大学 工学部 生命工学科

金藤 敬一 教授

小間D-11
プレ0831-東1-B-36

非常時用ウェアラブルポリマーバイオ燃料電池

Osaka Institute of Technology

Professor KANETO Keiichi

Wearable Polymer Emergency Biofuel Cell based on Conducting polymers

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
防災
小間番号
D-11
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-36
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
14:00

共同研究者

大阪工業大学 工学部
教授 宇戸禎仁

展示概要

技術概要
本技術は導電性ポリマーの応用技術に関するもので、導電性ポリマーがバイオ燃料電池の触媒もしくはその機能を高める作用を有することを用いて、安価なラミネート構造のフレキシブルポリマーバイオ燃料電池を開発した。このポリマー燃料電池は粉末のバイオ燃料(ビタミン剤、ブドウ糖など)を入れたポリマーバッグと組み合わせることによって、長期保存が可能なウエアラブルな燃料電池として利用できる。非常時にバッグに水と糖類などを注入することによって動作するため、携帯情報端末などに電力を供給することができる。

想定される活用例
①災害時の非常用携帯電池、暗闇でも利用可能
②将来、砂糖、アルコールなども燃料として利用できる
③グルコースなどの体内バイオエネルギーによる人工臓器用電源として利用できる

 

展示のみどころ
常識を破るラミネート構造のウェアラブルなフレキシブル構造の燃料電池
導電性ポリマーの触媒および補助機能を活用した、ハンドメイドのバイオ燃料電池、
ポリマーバイオ燃料電池による発光ダイオードの点灯デモンストレーション

特許情報

特許情報1 発明の名称
誘電体バリアを介した電気泳動法を用いた機能性材料の堆積法
特許情報1 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報1 発明者
宮島 正吾、高嶋 授、永松 秀一、金藤 敬一
特許情報1 出願日
2012/1/6
特許情報1 出願番号
特願2012-1223
特許情報2 発明の名称
β相を有する高分子半導体化合物の薄膜の製造方法とβ相を有する薄膜
特許情報2 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報2 発明者
永松 秀一、高嶋 授、金藤 敬一
特許情報2 出願日
2008/2/29
特許情報2 出願番号
特願2008-49917
特許情報3 発明の名称
新規化合物および該化合物を含む有機半導体材料
特許情報3 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報3 発明者
永松 秀一、高嶋 授、岡内 辰夫、森口 哲次、溝口 勝大、金藤 敬一、早瀬 修二
特許情報3 出願日
2013/1/11
特許情報3 出願番号
特願2013-3715

お問い合わせ先

大阪工業大学 研究支援・社会連携センター

電話:06-6954-4140   FAX:06-6954-4066  

URL:http://www.oit.ac.jp/japanese/sangaku/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop