イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪工業大学 工学部 機械工学科
マテリアル・リサイクル

大阪工業大学 工学部 機械工学科

羽賀 俊雄 教授

小間Z-18
プレ0901-東1-A-42

メルトキス法による新機能クラッド材の直接鋳造

Osaka Institute of Technology

Toshio Haga

Direct casting of a new functional clad material from two kinds of molten metals by melt kiss method

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-18
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-42
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
14:35

展示概要

技術概要
 リサイクルアルミニウム合金やアルミニウム基複合材料に新機能を安価に付加するため、クラッド材を溶湯から直接鋳造する方法を開発した。芯材の固相線より低い温度の表材の溶湯を、芯材の表面が溶融または半溶融状態の薄い層のときに注湯すると、表材の溶湯が芯材の溶融または半溶融の増を瞬時に凝固させながら接合するので、強固に接合し、接合界面で成分元素の拡散が無いクラッド材を鋳造できる。従来には無い新しい手法であり、本技術により低線膨張率のAl-SiCpと電気伝導率が高い純Alのクラッド材の作製も可能である。

想定される活用例
・自動車における展伸材と鋳造材の強接合
・高電気伝導部を有するAl-SiCp材のヒートスプレッダ―
・部分改質によるリサイクル材の鍛造素材などへのレベルアップ

 

展示のみどころ
断面を研磨・エッチングし、界面が確認できるようにしたクラッド材を手に取ってみることができる。破断試験後の試験片も展示する予定である。

 

A1050/ADC12のバルククラッド材の鋳造工程

A1050/ADC12のバルククラッド材の鋳造工程

A1050/ADC12のバルククラッド材の特長

A1050/ADC12のバルククラッド材の特長

特許情報

特許情報1 発明の名称
クラッド材の鋳造方法及びその鋳造装置、並びにクラッド材
特許情報1 出願人
学校法人常翔学園
特許情報1 発明者
羽賀 俊雄
特許情報1 出願日
2017/5/31
特許情報1 出願番号
特願2017-107962
特許情報2 発明の名称
金属板製造装置及び金属板製造方法
特許情報2 出願人
学校法人常翔学園
特許情報2 発明者
羽賀 俊雄
特許情報2 出願日
2010/3/30
特許情報2 出願番号
特願2010-78647
特許情報3 発明の名称
金属板製造装置及び金属板製造方法
特許情報3 出願人
学校法人常翔学園
特許情報3 発明者
羽賀 俊雄
特許情報3 出願日
2015/3/30
特許情報3 出願番号
特願2015-069182

お問い合わせ先

大阪工業大学 研究支援・社会連携センター

電話:06-6954-4140   FAX:06-6954-4066  

URL:http://www.oit.ac.jp/japanese/sangaku/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop