イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 金沢工業大学 工学部 電気電子工学科
超スマート社会

金沢工業大学 工学部 電気電子工学科

井田次郎 教授

小間S-06

環境RFから創電するIoT向けの極低電力デバイスの研究

Kanazawa Institute of Technology

professor Ida jiro

Research on extremely low power devices for IoT generation from environmental Radio Frequency

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
超スマート社会
小間番号
S-06

展示概要

技術概要
 環境中に存在する地上デジタル放送波やWi-Fiの電波をエネルギーハーベストすることで、IoTやセンサーネットワークに必要な端末に非接触な形で、常時、電力を供給することが可能である。しかし、環境RFからの入力電力は僅少であり、高効率な整流動作を示すダイオードが必要となる。
 本研究室では、MOSFETの理論限界とされる60mV/decを上回る、新構造SOIMOSFETを提案し、極低入力で急峻なS値を持つデバイスの開発に成功した。このデバイスを整流ダイオードとして利用し、整流効率の上昇と回路全体の電力消費の削減に取り組んでいる。

想定される活用例
・IoTに必要なセンサーネットワークを構築する端末の自立電源
・CMOSやインバータなど回路動作全体の電力削減
・検波回路用の検波器(ダイオード)

 

展示のみどころ
 本研究室で、設計・試作したレクティファイイングアンテナを展示する。レクテナには、本研究室でマスクパターンの設計を行ったMOSデバイスを搭載している。
 ポスターでは分かりにくい部分をプレゼン形式にすることで、より詳細な説明を行うことが出来る。

お問い合わせ先

金沢工業大学 産学連携局研究支援部

電話:076-248-9504   FAX:076-248-9508  

URL:http://wwwr.kanazawa-it.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop