イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東京電機大学 理工学部 理工学科 電子・機械工学系
ライフサイエンス

東京電機大学 理工学部 理工学科 電子・機械工学系

大西 謙吾 准教授

小間L-21
プレ0831-東1-A-16

脳血管障害後の最終可動域低下を防ぐロボット手指装具

TOKYO DENKI UNIVERSITY

Associate Professer Ohnishi Kengo

Robotic Hand Digit Orthosis for Post-Stroke Rehabilitation: Prevention of Degraded Digit Joint Endpoint of Motion

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-21
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-16
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
12:00

共同研究者

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部
准教授 出口弦舞

神奈川県済生会若草病院 リハビリテーション科
部長 内川 研

展示概要

技術概要
 回復期の脳卒中片麻痺者に必要なリハビリテーションの項目は多く、現行の医療保険、介護保険下においてセラピストによる手指のリハビリテーションを十分に行うことは困難な現状がある。
 そこでマンパワーに代わる機能改善ロボットグローブとして、手指に装着して手指の各関節の最終可動域まで定められた順序に従い他動的に手指を伸展、屈曲できる構造及び機能を有する装具部とワイヤケーブル群とこれらの牽引を制御する自動制御装置を含む牽引部とを備えた手指装着式のリハビリテーション補助装置を開発した。

想定される活用例
急性期病院の早期リハビリテーションから在宅療養において、医師・療法士の常時監視でない状態でも、自己管理のもと、脳血管障害等で麻痺した手指関節を低速で一定回数動作させる

 

展示のみどころ
ワイヤー使用の開発した技術による手指の屈伸のデモを行います。人差し指、親指の屈伸ができる試作のロボットをご覧いただけます。

特許情報

特許情報1 発明の名称
リハビリテーション装置
特許情報1 出願人
東京電機大学、株式会社コスミック エム イー、内川 硏、国際医療福祉大学
特許情報1 発明者
大西 謙吾、内川 硏、出口 弦舞
特許情報1 出願日
2014/4/28
特許情報1 出願番号
特願2014-92288
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop