イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科
防災

東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科

宮保憲治 教授

小間D-08
プレ0831-東1-B-33

超分散ネットワーク技術を活用した安全安心ディザスタリカバリシステム

Departmento of of Information Environment

Professor Noriharu Miyaho

High Security-Distributed and Rake Technology for Disaster Recovery

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
防災
小間番号
D-08
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-33
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
13:40

共同研究者

プロドローン(株) 開発統括
常務 市原和雄

展示概要

技術概要
本システムでは,高速ストリーム暗号とファイルを空間的に攪拌する高速暗号化技術、およびファイル分割・シャフリング技術等を併用し,断片化ファイルを異なる鍵で暗号化後に,クラウドへ分散転送する超分散ネットワークシステムを提案する.本技術ではファイルデータの復元にメタ情報の閾値秘密情報分散法を活用し,重要データファイルの機密性を保障しつつ,高速に復元する革新的なネットワークサービスに発展できる.クラウドとの結合も容易に実現可能であり,現在、ドローン制御を対象とした秘密暗号制御方式の実用化を推進中である。

想定される活用例
自治体、病院、政府機関、防衛省、金融業、学校機関、研究機関、製造業等、電子情報を主体的に扱う殆どの業界が対象。電子メールの盗聴防止機能、映像情報の高速秘密伝送、ドローンの安全な遠隔制御等に適用できる。

 

展示のみどころ
ディザスタリカバリ技術を用いた実演デモを,ノートPC等を効果的に活用して実施する。 一連のデモを通じ,高いセキュリティのもとで,高速暗号化されたファイル転送や高速復号化が実現できることを示す.更に,セキュアーな電子メールのデモや、閾値秘密分散技術を活用した安全運航制御が可能なドローンの映像ビデオ等を活用することにより、 従来に比べて極めて高いセキュリティのもとでの秘密配信が可能である技術を展示する。

 

ディザスタリカバリ技術の実装例

ディザスタリカバリ技術の実装例

秘密分散電子メールの原理

秘密分散電子メールの原理

特許情報

特許情報1 発明の名称
ディザスタリカバリ装置及びディザスタリカバリプログラム及びその記録媒体及びディザスタリカバリシステム
特許情報1 出願人
東京電機大学
特許情報1 発明者
宮保憲治、鈴木秀一、上野洋一郎ほか
特許情報1 出願日
2007/3/6
特許情報1 出願番号
PCT/JP2007/054234
特許情報2 発明の名称
セキュリティレベル制御ネットワークシステム
特許情報2 出願人
東京電機大学
特許情報2 発明者
宮保憲治、鈴木秀一、上野洋一郎ほか
特許情報2 出願日
2008/10/9
特許情報2 出願番号
特願2008-262704
特許情報3 発明の名称
ネットワークシステム
特許情報3 出願人
東京電機大学
特許情報3 発明者
上野洋一郎、宮保憲治、鈴木秀一ほか
特許情報3 出願日
2008/8/15
特許情報3 出願番号
特願2008-209152

お問い合わせ先

産官学交流センター

電話:03-5284-5225   FAX:03-5284-5242  

URL:https://www.dendai.ac.jp/crc/tlo/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop