イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東京電機大学 未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科
ライフサイエンス

東京電機大学 未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科

岩瀬 将美 准教授

小間L-20
プレ0831-東1-A-15

ロボットで行う、脳卒中片麻痺の方の車いす使用リハビリテーション

TOKYO DENKI UNIVERSITY

Associate Professor Masami Iwase

Robotically-assisted rehabilitation system with wheelchair for persons with hemiplegia after stroke

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-20
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-15
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
11:50

共同研究者

株式会社埼玉富士 設計技術部
担当部長 藤田和弘

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科
准教授 出口 弦舞

展示概要

技術概要
脳卒中片麻痺の手動車いすユーザーは安全なベッドへの乗り移りが必要です。そこで安全な位置での車いす駐車と、車いすブレーキとフットサポートの操作をナビゲーションする技術を提供します。リハビリテーション促進と注意障害や半側空間無視などが発生しやすい片麻痺者の停車ミスや操作忘れに起因する事故を低減できます。ARマーカを使用した停車位置誘導と個別設定できるわかりやすい視聴覚ガイドを開発しています。
本研究開発は、埼玉県ロボット研究開発委託事業として埼玉県産業技術総合センターの指導のもとで推進しています。

想定される活用例
・脳卒中片麻痺で高次脳機能障害があり車いすからベッドやトイレへの乗り移りで操作手順などが覚えにくい方へのリハビリ。
・回復期リハビリテーション病棟での車いす移動獲得練習。

 

展示のみどころ
車いすナビゲーションロボットに搭載するタブレットPCによりリハビリプログラムのデモをご覧いただけます。同時に使用時の動画もご覧頂けます。
実際の車いすナビゲーションロボットも展示いたします。車いすを利用する方の視線で、会場をご覧ください。ナビゲーションの必要性を実感できます。

 

ナビゲーションシステムを搭載した車いすと操作指示画面

ナビゲーションシステムを搭載した車いすと操作指示画面

ナビゲーションシステムを搭載した車いす(全体)

ナビゲーションシステムを搭載した車いす(全体)

特許情報

特許情報1 発明の名称
手動式車椅子の誘導システム(仮称)
特許情報1 出願人
株式会社埼玉富士、東京電機大学、国際医療福祉大学
特許情報1 発明者
岩瀬 将美、出口 弦舞、藤田和弘
特許情報1 出願日
出願準備中
特許情報1 出願番号
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop