イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 国士舘大学 理工学部 機械工学系
医療

国士舘大学 理工学部 機械工学系

神野 誠 教授

小間W-09
プレ0901-東1-B-06

ロボ・メカ技術で医療従事者をやさしく支援

Kokushikan University

Professor MAKOTO JINNO

Robotics and mechatronics assist technology for medical professionals

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-09
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-06
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
11:00

展示概要

技術概要
腹腔鏡下手術は、患者に負担の少ない低侵襲手術であるが、外科医に高度な技術を要求する。そのような背景のもと手術支援ロボットが臨床現場で広く活用されている。しかしながら、腹腔内のみの動作のみを対象としている、大型でセッティングに時間がかかるなどの課題が指摘されている。そこで、ロボット・メカトロニクス技術の中でも、特に、運動学的制約条件下における最適化設計技術、小型・軽量化を両立する機構開発技術を活用し、手術時間短縮、術者・助手負担低減、拡張性・汎用性の特徴を有する手術支援システムの提供を可能とする。

想定される活用例
・腹腔鏡下手術支援用マスタ・スレーブマニピュレータシステム
・腹腔鏡下手術支援用ロボット鉗子(多自由度鉗子)

 

展示のみどころ
臨床現場への幅広い普及が期待でき、社会的意義の極めて大きい新たなコンセプトの提示と、それを実現するための要素技術の一部の説明およびそのサンプル(動作動画を含む)による展示を行う。

 

患者体内・体外の両動作を最適化する腹腔鏡下手術支援ロボット

患者体内・体外の両動作を最適化する腹腔鏡下手術支援ロボット

多自由度鉗子の先端機構

多自由度鉗子の先端機構

特許情報

特許情報1 発明の名称
医療用マニピュレータ
特許情報1 出願人
テルモ株式会社
特許情報1 発明者
神野誠、佐野弘明
特許情報1 出願日
2013.6.13
特許情報1 出願番号
特願2015-522257
特許情報2 発明の名称
医療用マニピュレータおよびその作動方法
特許情報2 出願人
テルモ株式会社
特許情報2 発明者
神野誠、佐野弘明
特許情報2 出願日
2013.6.13
特許情報2 出願番号
特願2015-522258
特許情報3 発明の名称
医療用マニピュレータ
特許情報3 出願人
テルモ株式会社
特許情報3 発明者
神野誠、佐野弘明
特許情報3 出願日
2013.6.13
特許情報3 出願番号
特願2015-522259

お問い合わせ先

国士舘大学 学術研究支援課

電話:03-5481-3306   FAX:03-5481-5601  

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop