イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻
情報通信

電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻

策力木格 准教授

小間I-14
プレ0901-東1-B-42

自律分散IoT技術を利用した増設容易な無線カメラシステム

The University of Electro-Communications

Associate Professor Celimuge Wu

A wireless camera system utilizing decentralized IoT technology

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
情報通信
小間番号
I-14
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-42
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
14:35

展示概要

技術概要
策力木格研究室では、自律分散IoT技術を用いたカメラシステムを研究開発している。本システムは自律分散無線通信を利用しているため、無線端末間で自動的にネットワークを構築することができ、従来のカメラシステムで実現が困難だったカメラの増設、カメラ設置場所の変更などが容易になる。本システムの特徴は、技術①:マルチホップ通信を複数の1ホップTCPセッションで実現する遠距離通信の仮想化技術、技術②:強化学習に基づいた自己進化型経路選択手法で通信品質の向上、拡張性を実現するところにある。

想定される活用例
・低コストで設置容易な監視カメラシステムの実現が可能。これにより、コスト等の問題で導入が進んでいない、公園、小中学校等公的施設、他にも、東京オリンピックをはじめとするスポーツやコンサートのイベント会場での設置が想定される。

 

展示のみどころ
デモとして、当日の電通大ブースの様子といったカメラ映像が複数の無線機器に中継されノートPCに表示されることを展示する。無線ルータを使わない通信で映像が送信されることが確認でき、中継端末を増やすことで、遠いところのものを監視できることを提示できる。また、自律分散IoT技術を活用したカメラ映像転送における、1秒以下の遅延で、3-hop(電波通信範囲の三倍拡張を実現)まで送信が可能といった遅延,画質状況を確認できる。

特許情報

特許情報1 発明の名称
マルチホップアドホックネットワークにおける複数のTCPセッションを利用した通信装置、通信システム、および通信方法
特許情報1 出願人
国立大学法人電気通信大学 , 株式会社アイピー・フロント , 安 鋭堅
特許情報1 発明者
策力木格 , 余 東 , 安 鋭堅
特許情報1 出願日
2015/6/10
特許情報1 出願番号
特願2015-117719

お問い合わせ先

産学官連携センター

電話:042-443-5724   FAX:042-443-5726  

URL:http://www.sangaku.uec.ac.jp/inquiry/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop