イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 広島国際大学 保健医療学部 診療放射線学科
医療

広島国際大学 保健医療学部 診療放射線学科

山本 めぐみ 助教

小間W-39
プレ0901-東1-B-24

人工知能技術をつかった新しい血管描出法

Hiroshima International University

Assistant Professor Yamamoto Megumi

Development of novel Digital Subtraction Angiography argorithms by means of machine learning technique

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-39
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-24
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
12:45

共同研究者

広島国際大学 保健医療学部
教授 大倉保彦

展示概要

技術概要
従来のDSAでは、血管が造影されていないX線像をマスク像として、血管が造影されたX線像から、これを減算して、血管のみの像を得る。しかし、動きのある臓器の血管を描出するとき、多大なアーチファクト(障害陰影)が発生するため、診断に使用できない。本技術においては、DSAに必要となるマスク像を、撮影した血管像からつくりだすことで、心臓など動きのある臓器でも血管のみのDSA像を得ることを可能にする。また、肝臓などの領域では、息止めの必要がないDSA検査が可能となる。

想定される活用例
・血管造影装置でリアルタイム処理し血管像の生成
・医用画像ワークステーションで過去画像を再処理し血管像を抽出
・DSA像からアーチファクトの除去

 

展示のみどころ
液晶ディスプレイにて心臓の血管像の動画を表示しています。常に拍動している心臓の血管のDSA像が、従来法に比較して、あざやかに、かつアーチファクトがない状態で描出されています。また、患者が大きく動いたり、撮影系が動いた場合でも、アーチファクトがないDSA像が得られている動画をご覧いただけます。

 

従来技術のDSA像

従来技術のDSA像

開発技術のDSA像

開発技術のDSA像

特許情報

特許情報1 発明の名称
生体画像処理装置、出力画像製造方法、学習結果製造方法、及びプログラム
特許情報1 出願人
学校法人常翔学園
特許情報1 発明者
山本 めぐみ、大倉 保彦
特許情報1 出願日
2016/12/7
特許情報1 出願番号
特願2016-237623

お問い合わせ先

広島国際大学 研究支援・社会連携センター

電話:0823-69-6083   FAX:0823-70-4931  

URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop