イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 広島国際大学 保健医療学部 医療技術学科 臨床工学専攻
装置・デバイス

広島国際大学 保健医療学部 医療技術学科 臨床工学専攻

上月 具挙 講師

小間M-68

電子顕微鏡による生体サンプルのリアルタイム観察に向けて

Hiroshima International University

Lecture Tomotaka Kozuki

Real-time Observation of the Living Body Cell with the Electron Microscope

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-68

共同研究者

広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
縄稚典生

展示概要

技術概要
多くの電子顕微鏡は試料を真空中にセットする必要があるため、生体サンプル等の含水試料を観察することは困難である。我々は、電子銃は真空、試料は大気中にセットする方法で、この課題を解決すべく研究を進めている。これには、真空と大気を分離し、かつ電子透過性のよい電子透過膜が必要となる。今回、電子透過膜にDLC(ダイヤモンドライクカーボン)を用い、生体サンプルの大気中観察に成功したので紹介する。この研究が進めば、現在非常に困難とされているウイルスの活性化状態における観察も可能となる。

想定される活用例
・活性化状態のウイルスのリアルタイム観察
・がん細胞等のリアルタイム観察

 

展示のみどころ
大気中にセットされたサンプルを卓上SEMを用いて観察するデモンストレーションを予定しています。これにより、電子透過膜としてSiNを用いた場合とDLCを用いた場合の取得画像の解像度の違いを見ることができます。他にも、電子透過膜(DLC)の現物展示、電子透過率、耐久性(硬度)についてパネルにより紹介します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
電子透過膜及びその製造方法
特許情報1 出願人
広島県、学校法人常翔学園
特許情報1 発明者
縄稚 典生、山本 晃、本多 正英、筒本 隆博、菅 博、上月 具挙
特許情報1 出願日
2008/9/1
特許情報1 出願番号
特願2008-223054

お問い合わせ先

広島国際大学 研究支援・社会連携センター

電話:0823-69-6083   FAX:0823-70-4931  

URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop