イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室
ライフサイエンス

北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室

大城太一 講師

小間L-24
プレ0831-東1-A-18

脂肪性肝疾患(NAFLD/NASH)治療薬の開発

Kitasato University

Lecturer Taichi Ohshiro

SOAT2-selective inhibitors as potential drugs for the treatment of NAFLD and NASH.

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-24
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-18
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
12:10

展示概要

技術概要
真菌の生産するピリピロペンAをリードとして半合成された誘導体PRDは、生体内に2種あるステロール O-アシル転移酵素 (SOAT) のうち、SOAT2のみを高選択的に阻害し、動物レベルで抗動脈硬化作用を示すことを証明してきた。その動物実験の過程で、新しく脂肪肝進展抑制作用を見出した。さらに、重篤な脂肪肝に進展する希少遺伝子疾患ウォルマン病のモデルマウスでの効果も証明し、PRDが新しい脂肪性肝疾患 (NAFLD/NASH)の治療薬として開発できる。

想定される活用例
・脂肪肝/脂肪肝炎(NAFLD/NASH) 治療薬
・ウォルマン病やコレステリルエステル蓄積症などに対するオーファンドラッグ

 

展示のみどころ
候補化合物であるピリピロペン誘導体サンプルを展示し、PCやタブレットを使って、in vitro及び in vivo 試験データを紹介する。

特許情報

特許情報1 発明の名称
ACAT2阻害活性を有するピリピロペン誘導体
特許情報1 出願人
学校法人北里研究所
特許情報1 発明者
供田洋、長光亨、大村智、Lawrence Rudel
特許情報1 出願日
2007/12/25
特許情報1 出願番号
2007-331444、PCT/JP2008/073501、WO/2009/081957
特許情報2 発明の名称
ACAT2阻害活性を有する水酸基含有ピリピロペン誘導体
特許情報2 出願人
学校法人北里研究所
特許情報2 発明者
供田洋、長光亨、松田大介、大城太一、大多和正樹、大村智
特許情報2 出願日
2009/6/23
特許情報2 出願番号
2009-148718、PCT/JP2010/060461、WO/2010/150739
特許情報3 発明の名称
ACAT2阻害活性を示す代謝酵素に安定なピリピロペン誘導体
特許情報3 出願人
学校法人北里研究所
特許情報3 発明者
供田洋、長光亨、松田大介、大城太一、大多和正樹、大村智
特許情報3 出願日
2010/3/31
特許情報3 出願番号
2010-82784、PCT/JP2011/057336、WO/2011/122468

お問い合わせ先

学校法人北里研究所 研究推進部

電話:042-778-8341   FAX:042-778-8190  

URL:https://www.kitasato-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop