イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 高知工科大学 環境理工学群・総合研究所 -
ナノテクノロジー

高知工科大学 環境理工学群・総合研究所 -

大谷 政孝 講師

小間N-35
プレ0831-東1-B-24

高感度質量分析を可能とする簡単で経済的なナノ凹凸多孔質無機粒子マトリックス

Kochi University of Technology

Assistant Professor Ohtani Masataka

Facile and economical inorganic matrices with nano porous and convex-concave surface enabling highly sensitive mass spectroscopic analysis

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-35
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-24
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
12:45

共同研究者

高知工科大学 環境理工学群・総合研究所
教授 小廣和哉

展示概要

技術概要
マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法は最も普及した質量分析法であるが、測定時に「有機マトリックス」に由来した夾雑物ピークが混在するという問題があり、微量成分の高感度分析を妨げている。これらの問題を解決する手段として、「無機マトリックス」を用いた分析が注目されている。我々は独自に開発したナノ粒子合成技術を基に、汎用的な無機マトリックスの開発を目指し研究を行ってきた。これまでの研究で、「ナノ凹凸表面を特徴とする多孔質粒子」がイオン化を促進する無機マトリックスとして有効であることを見出した。

想定される活用例
・有機化合物の精密分析
・天然由来物質の高感度分析
・代謝物の分析など医療・診断における極微量成分の高感度分析

 

展示のみどころ
ナノ凹凸粒子からなる新しい無機マトリックスを利用した質量分析技術について紹介します。開発中の無機マトリックスのサンプル実物についても展示します。

 

ナノ凹凸多孔質無機粒子マトリックス(a)と市販有機マトリックス(b)によるα-シクロデキストリンの質量スペクトル

ナノ凹凸多孔質無機粒子マトリックス(a)と市販有機マトリックス(b)によるα-シクロデキストリンの質量スペクトル

ナノ凹凸構造を有する無機マトリックスのTEM画像

ナノ凹凸構造を有する無機マトリックスのTEM画像

特許情報

特許情報1 発明の名称
MALDI質量分析用マトリックス及びその製造並びにそれを用いた質量分析法
特許情報1 出願人
高知県公立大学法人
特許情報1 発明者
小廣和哉、大谷政孝
特許情報1 出願日
2015/8/27
特許情報1 出願番号
特願2015-168349号

お問い合わせ先

高知工科大学 研究連携課

電話:0887-57-2025   FAX:0887-57-2026  

URL:https://www.kochi-tech.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop