イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 高知工科大学 環境理工学群 -
環境保全・浄化

高知工科大学 環境理工学群 -

大濱 武 教授

小間K-18
プレ0831-東1-A-64

安全で環境にやさしいアクリル超微粒子の殺藻・増殖抑制剤

Kochi University of Technology

Professor Ohama Takeshi

Safe and environmentally friendly resin nano-particles for growth inhibition/killing of wide range algae

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-18
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-64
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
16:45

展示概要

技術概要
医療用接着剤を主成分とするシアノアクリレートナノ粒子は、クラミドモナス、クロレラ、赤潮の原因となる渦鞭毛藻や珪藻に対して、非常に短時間で細胞死を誘導する。この現象は、本ナノ粒子が殺藻剤として利用できる可能性を示唆している。
本ナノ粒子は重金属を全く含まないため、金属イオンによる環境汚染の心配もない。また安全性が確認されている物質で構成されており、公的機関での安全性試験もクリアしている。この特徴からも独創性のある素材であり、安全性の高い本ナノ粒子を用いて藻類増殖抑制剤としての商品化を目指している。

想定される活用例
・海洋、湖沼、ダム等に発生する赤潮防除剤
・公園内の池、噴水、浄化槽、水冷式冷却塔、養殖場等で発生する藻類増殖抑制剤
・藻類を利用するオイル産生産業

 

展示のみどころ
・藻類が短時間で破壊される動画

 

シアノアクリレートナノ粒子による赤潮原因藻の溶解例

シアノアクリレートナノ粒子による赤潮原因藻の溶解例

シアノアクリレートナノ粒子の濃度と粒径の細胞死誘起率への影響

シアノアクリレートナノ粒子の濃度と粒径の細胞死誘起率への影響

特許情報

特許情報1 発明の名称
微細藻類増殖抑制剤および微細藻類の増殖を抑制する方法
特許情報1 出願人
高知工科大学、チカミミルテック(株)
特許情報1 発明者
大濱武、飯田大介他
特許情報1 出願日
2017/4/18
特許情報1 出願番号
特願2017-082277

お問い合わせ先

高知工科大学 研究連携課

電話:0887-57-2025   FAX:0887-57-2026  

URL:https://www.kochi-tech.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop