イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 札幌市立大学 看護学部 看護学科
医療

札幌市立大学 看護学部 看護学科

田中 広美 講師

小間W-02

スムーズな滑り心地のスライディングボードで楽々介助

Sapporo City University

Senior Assistant Professor HIROMI TANAKA

Easily assist with sliding board of a smooth slid feeling.

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-02

共同研究者

札幌市立大学 看護学部
講師 檜山明子

展示概要

技術概要
このスライディングボードは、移乗時のボードのたわみを解消することで安定感を実現し、スライドもスムーズで少しの力で移乗が可能であるため、介助者・被介助者この両者の負担を軽減することが期待できる。この性能を保持したうえで、コンパクトな設計となっているため、持ち運びも容易である。既存の介助器具はコンパクトだが安定感がないものか、安定感はあるが設置型のため持ち運びが困難であるため、本技術は移乗介助が必須のシーンでの需要は高い。

想定される活用例
・病院内での活用 (ベッドから車椅子への移乗)
・自宅での介護用具として活用

 

展示のみどころ
画期的!ベッドから車椅子への移乗介助がスムーズになる介助用具

特許情報

特許情報1 発明の名称
人体移動用の補助具
特許情報1 出願人
公立大学法人札幌市立大学
特許情報1 発明者
杉哲夫、樋之津淳子、田中広美、檜山明子
特許情報1 出願日
2015/3/31
特許情報1 出願番号
特願2015-73057

お問い合わせ先

札幌市立大学地域連携課

電話:011-592-2346   FAX:011-592-2369  

URL:http://www.scu.ac.jp/campus/crc/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop