イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 宇都宮大学
組織展示出展

宇都宮大学

提案テーマ責任者:国立大学法人 宇都宮大学 工学研究科 教授 尾崎 功一

プレゼンテーション発表者:国立大学法人 宇都宮大学 工学研究科 教授 尾崎 功一

小間U-30
プレB2-11

工農融合ロボティクス

ロボット支援による農業・観光などの地域産業への発展

出展ゾーン
大学組織展示
出展分野
小間番号
U-30
大学組織展示
プレゼンテーション
B2-11
9月1日(金)
大学組織展示プレゼンテーション東4-B
14:50

展示概要

提案の概要
省人化を目指すだけでは革新的で持続性のある産業は生まれない。化学変化が見込めるような地域ニーズとユニークな知財・技術との融合が必要である。宇都宮大学は,ロボティクス,工学・農学において類のないコア技術を有しており,それらを応用的に実装する力もある。2018年度からはこれらを実践するための特徴的なオープンラボが稼動する。ここでは,大学発コア技術の展開とオープンラボによる新たな産学官連携モデルを提案する。

 

展示のみどころ
文部科学大臣賞を受賞したイチゴ収穫ロボット,モジュール型農業支援ロボット。国際味覚審査機構で最優秀味覚賞を達成したイチゴ容器と検査装置。これらは先進的なビジネスモデルでベンチャー活動としての実績も高い。さらに,つくば実験特区に参画しているモビリティロボットの「磁気ナビ」(つくばチャレンジ最多達成),μマニピュレーションロボットの「単眼立体視」は,今後の発展が強く見込める「ユニーク知財」である。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
2018年度開設のオープンラボには,ロボティクス・工農融合技術を推進するためのユニークな環境が整い,自治体・企業等の参画が可能である。すでに,コア技術の展開を目指したプロジェクトが立てられているが,プロジェクトの拡充・追加も予定しており,企業等の参加が可能である。ラボにはインキュベーションルームが設置され,研究員の駐在が可能である。本学のユニーク知見・ノウハウを事業化に展開させる攻めの活動が可能である。

 

お問い合わせ先

尾崎研究室

電話:028-689-6068   FAX:028-689-6068  

URL:https://www.ir.utsunomiya-u.ac.jp/real/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop