イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 信州大学
組織展示出展

信州大学

提案テーマ責任者:信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所 所長 齋藤 直人

プレゼンテーション発表者:信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科 教授 橋本 稔

小間U-16
プレB2-09

歩行アシストサイボーグ

超高齢化社会を救う体内埋め込み型サイボーグ技術

出展ゾーン
大学組織展示
出展分野
小間番号
U-16
大学組織展示
プレゼンテーション
B2-09
9月1日(金)
大学組織展示プレゼンテーション東4-B
14:10

展示概要

提案の概要
介護する方の手助けなしに、一人でどのような生活シーンにも困らなくなる、歩行ロボットの究極形態を、体内埋込型サイボーグ技術で目指す世界初のプロジェクトです。本プロジェクトでは、歩行アシストロボットとバッテリーを小型・軽量・高性能化し、脚等に埋め込む技術を開発します。装置の生体安全性等の課題を乗り越えて自然に歩行できるシステムの実現に向けた取組を紹介します。

 

展示のみどころ
体内埋め込み型サイボーグプロジェクトの基礎となる技術として、着用する人の骨格系を利用して、関節の動きを補助する「ロボティックウェア」curara®の試作品を展示するとともに、体内埋め込み型サイボーグのコンセプトモデルをご覧いただきます。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
研究推進部と学術研究・産学官連携推進機構にて、大型の共同研究契約や知財、コンプライアンス等のマネジメントを支援をさせて頂きます。同機構では、大型の共同研究費の積算根拠の明確化、プロジェクト単位で戦略的な特許の帰属、国内外の機関・企業とのクロスアポイントメントなどを進めています。また、知的財産・ベンチャー支援室を設置し、大学発ベンチャーの支援体制を構築しています。

 

 

curara®(クララ)

curara®(クララ)

サイボーグイメージ

サイボーグイメージ

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop