イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 三重大学
組織展示出展

三重大学

提案テーマ責任者:地域イノベーション推進機構 知的財産統括室 准教授 狩野 幹人

プレゼンテーション発表者:地域イノベーション推進機構 知的財産統括室 准教授 狩野 幹人

小間U-41
プレA2-11

地域イノベーション

大学発知的財産を活用した地域イノベーション創出と発展

出展ゾーン
大学組織展示
出展分野
小間番号
U-41
大学組織展示
プレゼンテーション
A2-11
9月1日(金)
大学組織展示プレゼンテーション東4-A
14:50

展示概要

提案の概要
三重大学は,「地域に根ざし,世界に誇れる独自性豊かな教育・研究成果を生み出す.」ことを基本的な目標とし,社会貢献については「教育と研究を通じて地域作りや地域発展に寄与するとともに,地域社会との双方向の連携を推進する.」ことを目的としている.「地域が抱える根源的な課題を自治体,産業界と共に解決する知の拠点」として,三重大学発の知的財産を活用・地域イノベーションを加速させる仕組・成功事例について提案する.

 

展示のみどころ
地域イノベーションや地域における産学連携は,企業側が経営や事業に直結する課題・直近で解決すべき課題等を有しており,共同研究等においてはその具体的ニーズを反映したテーマや目標が設定される.また地域企業・中小企業との共同研究・受託研究で得られる成果をより向上させるためには,地域自治体が進める産業振興政策と効果的に連動させることが有効であると考えられる.それらを加速させる仕組・成功事例を紹介する.

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
三重大学は,地域の課題解決のための政策提言と政策実現のための施策を本学が総力を挙げて取り組む仕組(地域課題解決の三重方式)を構築してきた.さらにそれを深化させるために,学内連動体制の強化(社会連携部門と学部・研究科が地域企業との共同研究・受託研究で有機的に連動できる仕組の構築)および地域自治体と政策連動した産学連携の強化(地域自治体の産業振興政策と有効に連動する産学連携が実施できる仕組の構築)を推進している.

 

お問い合わせ先

三重大学 地域イノベーション推進機構 知的財産統括室

電話:059-231-5495   FAX:059-231-9743  

URL:http://www.crc.mie-u.ac.jp/chizai/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop