イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪市立大学
組織展示出展

大阪市立大学

提案テーマ責任者:健康科学イノベーションセンター 特別研究員 堀 洋

プレゼンテーション発表者:健康科学イノベーションセンター 特別研究員 堀 洋

小間U-14
プレA2-04

健康計測社会システム

疲労の可視化を中核とした健康科学サービスの社会実装

出展ゾーン
大学組織展示
出展分野
小間番号
U-14
大学組織展示
プレゼンテーション
A2-04
9月1日(金)
大学組織展示プレゼンテーション東4-A
11:30

展示概要

提案の概要
大阪市立大学健康科学イノベーションセンターは、多くの⼈が行き交うJR大阪駅隣接”うめきた”地区に2013(平成25)年夏に開設されました。単に大学からの健康科学に関する研究成果を披露・発信する場としてのみではなく、産・学・官・医・消費者などの連携を通じた健康科学領域の新たな成果や製品・サービスの創出等の活動を展開してきました。構築した健康科学推進拠点を有効に活用し、疲労の可視化を中核とした健康科学サービスの社会実装をさらに進めています。

 

展示のみどころ
「健康計測社会システム」をテーマとした疲労の可視化を中核とした健康科学サービスの社会実装において、既に実現している産学連携活動の成果として、疲労度測定機器、健康寿命延伸社会対応コミュニケーションロボット、さらには、抗疲労ソリューションとして、食品・サプリメントや環境対応を主眼とした製品・サービス群などに加え、抗疲労レシピ本など出版物を紹介する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
簡易疲労測定機能を用いた”健康見守り隊”、ヒトを対象とした試験実施を含む健康科学領域の新たな成果や製品・サービスの創出に関わる研究開発支援をはじめ、疲労・抗疲労の科学を中軸にしたより身近な健康科学イノベーション創出を体感していただける場の提供が可能。加えて、健康”生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムをはじめ、関西域に醸成されてきた健康科学に関する産学官連携ネットワーク/プロジェクトへのアクセスも当センターを通じて可能です。

 

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop