イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 公立はこだて未来大学
組織展示出展

公立はこだて未来大学

提案テーマ責任者:複雑系知能学科 教授/副理事長 松原仁

プレゼンテーション発表者:複雑系知能学科 教授/副理事長 松原仁

小間U-22
プレA1-06

未来AI社会

〜地域スマートサービス基盤の構築〜

出展ゾーン
大学組織展示
出展分野
小間番号
U-22
大学組織展示
プレゼンテーション
A1-06
8月31日(木)
大学組織展示プレゼンテーション東4-A
12:10

展示概要

提案の概要
超高齢・縮小時代に、地方都市圏を実証実験フィールドとして未来AI社会をデザインする。マリン、モバイル、メディカルを3本柱とする地域密着型の重点研究を統合、頑健な地域エコシステムを共創する産学官金連携研究を展開する。地域スマートサービス基盤の形成へ向けて、交通×物流×観光×医療×生活等を複合する「サービス連携」や、オープンデータとディープラーニングによる「縮小最適化社会」の実現へ向けた研究を推進する。

 

展示のみどころ
未来AI社会/地域スマートサービス基盤を見据え、AI/IoT/機械学習/ロボティクス等の要素技術を、多様な出口志向の対象領域に実装した各種実証研究のデモ演示や実機展示を予定。マリン・モバイル・メディカルの3本柱で、地域社会に密着した未来型AI研究プロジェクトを出展するとともに、星新一賞の一次審査を通過し話題になったAI小説家「作家ですのよ」、ポスト囲碁/将棋研究のカーリングAIの紹介も予定。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
本学はAI研究をはじめ関連領域に高い実績を有する研究者を多数擁し、社会連携センターを通じて必要な教員との共同研究のアレンジや複数教員によるプロジェクトの組織化などに対応している。また2017年3月に新設した「未来AI研究センター」では、企業コンソーシアムや異業種交流研究会等の組織化を計画しており、多面的な連携のスタイルが提供可能である。

 

 

未来AI社会へ向けた地域基盤の構築 概念図

未来AI社会へ向けた地域基盤の構築 概念図

未来AI研究センターの設置(2017/3)

未来AI研究センターの設置(2017/3)

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop